初心者向けfx

FX主婦・ミセスワタナベとは

ミセスワタナベという言葉をご存知でしょうか。
これは日本のFXをやっている主婦の通称です。
一般の主婦なのに円相場を大きく動かすだけの力を持っているために、世界の市場からそう呼ばれるようになったのです。
特に円相場が大きく動く要因がないのに、午後になって円相場が反転したりする事があり、なぜかとよく調べてみるとどうやら主に日本の主婦層がFXによって相場を大きく動かしているという事が分かったのです。
日本の性の代表的な渡辺を使って、イギリスの新聞がミセスワタナベはあなどれないと報じるようになって広まりました。
世界の市場からそう見られているくらい、日本の一般主婦が大きく相場を動かしており、つまりそれは一般主婦がそれだけ稼いでいるという事でもあります。

 

こんなことがありました。
2007年にFXをやっていた東京都世田谷区の50代の主婦がFXで稼いだお金を脱税したとして摘発され有罪になったことがあるのです。
2003年から2005年までの3年間にFXで稼いだ所得は実に4億円!
この1億3千万円分の税金を脱税して摘発されたのです。
このニュースでミセスワタナベの破壊力が広く知られるようになったのです。

 

FXはだれでも手軽にお金を稼げるという投資法ですが、それをこのミセスワタナベというワードが象徴しています。
このワードを聞くだけでも、自分でもFXができるかもしれないと勇気が出てきませんか?


FXは株より簡単な投資法

ではそもそもFXとはなんでしょう。
雑に言えば、株の簡単なやつです。
何も知らない人への説明としてはかなり大雑把ですが、それが端的だと思います。
もう少し詳しく説明します。
株は、会社が資金集めのために発行している株式を売買する投資法です。
安い時に買った後、会社の業績が上がって株の人気も上がり、株価が当たったところで売ってその差益を稼ぐというしくみです。

 

FXも原理は同じです。
FXは正しくは外国為替証拠金取引といいます。
英語でForeign exchangeと言い、その頭文字を取ってFXと呼びます
証券会社を通じてドルを買い、ドル高になったところで売って円に替えてその差益を稼ぐというしくみです。
例えば、1ドル100円の時に1ドルを買っておいて、円安ドル高で1ドル110円になった時にドルを売って円を買い戻せば、差額の10円の儲けとなるわけです。
これを一日に何回も繰り返します。
もちろん1ドルでは差益は微々たるものですので、実際はもっと多い金額で取引します。


一方FXはそこまでの情報はいりません

FXは、監視している通貨の直近の値動きと、世界の政治経済の大きなニュースくらいを把握していれば誰でも出来ます。
もっと極端に言うと、直近の値動きさえ把握してさえいればできます。
世界で大きなニュースが流れると株価や為替が大きく動く事があります。
でも、ニュースを把握していなかったとしても、画面に張り付いてさえいれば急な動きにも対応できるからです。
FXは、セオリーさえ分かっていれば誰にでもできる簡単な投資法なのです。


FXのリスクはどれくらい?

このサイトでは損をしないFXのやり方を説明します。
損をしないやり方というのは、大きく利益を稼ぐことを目的としないで、小さい利益でもリスクを少なく損をしない投資方法を取るということです。
そしてリスクを少なくということは、やはりリスクはあるという事です。
ドルを買った時に、ドル高に行けばいいですが、ドル安に行ってしまう事があります。
この場合持っているドルの価値が下がりますので、損をするリスクがあるという事です。
これがFXのリスクです。
株でも同じことが言えます。

 

しかしFXはサイコロのようなバクチではありません。
値動きにある程度の法則性があります。
その法則性を完全に理解してさえいれば、最終的には勝てます。
絶対に当たる法則などありません。
それでも60%の確率でそうなるという法則であるとした場合、その法則にしたがっていると、40%で負ける事もありますが、続けるうちに60%マイナス40%で10回中2回分の利益は残る計算になります。
法則を理解していれば最終的には勝てるというのは、こういう意味です。

 

お金が足りないな、もう少しお金がありば遊べるのにな、今すぐお金を借りたいと思っている人は、最後まで読んでみてください。
それではそのFXに勝てる法則をお教えします。

 

 

10万円借りる


更新履歴